パーソナルカラー4シーズン分類って?


50代の「いつまでもキレイでいたい!」「諦めない!」気持ちを全力応援

≪ 色を使って魅力UP! きれいのお手伝い ≫ 川口ともよです


パーソナルカラーやキレイデザイン学でキレイになるお手伝いをさせていただいています



これまでパーソナルカラーの診断方法 大事な判断要素についてご紹介してきました

これからは その判断でどのように分類されるのかを書いていきますね


☆要素の説明はこちら☆

色味について ・ 清色と濁色 ・ 明るさ暗さ




パーソナルカラー4シーズン とは?



パーソナルカラー診断が終わると

「春(Spring)」「夏(Summer)」「秋(Autumn)」「冬(Winter)」

の4つのシーズンの中で一番似合うお色があるところをご紹介します


各々共通の要素を持った 色のグループ です

グループの名前は イメージしやすいように「春」「夏」「秋」「冬」になっています



1900年半ばごろに アメリカでいくつかの色票集が開発されました

その中の「カラーキープログラム」がパーソナルカラーの原点といわれています


自然界に見えるすべての色はイエローベースとブルーベースにに分かれこれに「トーン」の要素も加え イエローベース2つ ブルーベース2つの合計4つのグループに分ける考えがパーソナルカラー4シーズンの原型となりました


(「トーン」とは 明るさ暗さ・鮮やかさや清濁が加味されておりさらに それぞれのトーンには「元気な」とか「陽気な」「落ち着いた」などの関連付けられるイメージもあります)



ほとんどの人がこの4シーズンのどこかに調和するといわれていますが 今では「トーン」をさらに細分化し 8分類や16分類 セカンドカラーなど色々な考えでの流派が出てきています



私がこれまで色々な方を見てきて思うのは 基本この4シーズンのどこに一番似合う色があるのかを知っていただき さらに大きな3つの要素のどの部分に似合う範囲があるのかを分かっていただくのがいいと思っています


例えば「春」だけど 少し「秋」に近い範囲まで大丈夫とか

ブルーベースだけど すこしイエロー寄りのほうがいいみたい

イエローが強すぎると 顔色が濁って見えてしまうから注意しよう


など 自分に一番の範囲をもっと意識していただける言葉でお話すること


なかなか言葉にすると難しいですよね



次回は4シーズンそれぞれについて書いていきますね



貴方も「もう年だから~」とか「今さら」なんて言葉は忘れて 一緒にワクワクとした楽しい人生を過ごしましょう


私が 色を使って全力で応援いたします




最後までお読みくださりありがとうございました

素敵な一日をお過ごしください


募集中Menu

【パーソナルカラー検定】モジュール3フォロー講座

パーソナルカラー診断


color & image Feliz

パーソナルカラーとテイストスケール法によるファッションテイスト診断で「似合う色」「似合う服」が分かれば、ファッションの楽しみ方も広がります。 お洒落でいたいあなたの悩みがスッキリ解決します。 第一印象も内面もピッカピカに輝かせましょう あなたの「諦めたくない!」を応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000