【ヘアカラー】色の選び方はどうしてる?


50代の「いつまでもキレイでいたい!」「諦めない!」気持ちを全力応援

≪ 色を使って魅力UP! きれいのお手伝い ≫ 川口ともよです

パーソナルカラーやキレイデザイン学でキレイになるお手伝いをさせていただいています

  

ブログにお越しくださりありがとうございます



ハイライト入れて明るくしてみたら


昨日は午前中仕事を済ませ 午後の予定が変更になったため美容院へ


月初めであるからもしかしたら 予約枠空いてるかなぁ~ と思いTEL

案の定「今日は予約少なかったんですよ グッドタイミング!」なんてかわいい女子に言われましたわ(^^)


今回は少し伸びて気になっていた髪のカットとヘアマニキュア

ちょっと恥ずかしいのですがこれ私


髪色黒いでしょう~

うまく撮れなかったけれどこれでも明るくハイライトも入れてマニキュアもしているんですよ

(美容院の男の子に撮ってもらったんだった (;^_^A 失礼!)


だんだんと白いものも気になり始めてヘアカラーをしたこともあるのですがとにかく傷むのですよ どうも合わないみたい


ヘナもしばらく使っていたのですが 傷まず良かったのですが時間がかかって面倒

で行きつけの美容院で相談


「マニキュアが痛まないし艶も出ていいですよ  明るい感じになるようハイライトも入れてみましょう」


ということでこの感じ  随分明るくなっているのですけれどね わからないね~(;^_^A



ヘアカラーもパーソナルカラーで!


パーソナルカラー診断をしてシーズンがわかっていたらヘアカラーも似合う範囲でぜひ選んで下さいね

(イエローベース・ブルーベースはこちら)(明るいくらいはこちら)


色で判断するとイエローベースの方はブラウンやオレンジ・ブルーベースの方はレッドやピンク がお勧め♡


色だけでなく明るさでもフェイスラインや肌色の見え方が違ってきますし 艶やかかorソフトでマットかでもずいぶん印象が違ってきます


私の場合は WINTER ブルーベースで清色・暗めが似合います

(清色・濁色に関しては また近いうちに紹介しますね)

黒が似合うのWINTERがなのですが子供の時からなので変えたいのよね(;'∀')


なので色はピンク 艶が出ないと顔色がきれいにならないので ヘアカラーはやめてヘアマニキュアをチョイス(私の場合はヘアカラーだと痛んで艶がなくなるからね)


ハイライトの入れ方も コントラスト感に違いがでます

広い幅で入れると強くなりますし細く入れると弱くなるのですよ


コントラスト感は 洋服を選ぶときにもチェックする大きな要素です

もちろん柄の大きさや 生地・素材にも関係してきます

写真の柄はベースの色も少し違いますが コントラストの違いが判る3種を載せてみました


コントラストの有り無し分かりますよね

自分に合うのはどの範囲なのか これも判断の大事な要素です

これはまた別の機会に書くことにしますね


今回は 自分に合うヘアカラーをしっかり知って選んでほしいと思いご紹介しました

参考になれば嬉しいです♡



最後までお読みくださりありがとうございました

素敵な一日をお過ごしください


募集中Menu

【パーソナルカラー検定】モジュール3フォロー講座

朝Cafe

キレイデザイン学100名の検証

パーソナルカラー診断

バスデーカラー診断

詳しくはこちら【Menu&Price 】

color & image Feliz

パーソナルカラーとテイストスケール法によるファッションテイスト診断で「似合う色」「似合う服」が分かれば、ファッションの楽しみ方も広がります。 お洒落でいたいあなたの悩みがスッキリ解決します。 第一印象も内面もピッカピカに輝かせましょう あなたの「諦めたくない!」を応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000