小顔に見せたければ明るさに関係あり

パーソナルカラー・キレイデザイン学・個性心理学を使って 50代の「諦めない!」気持ちを全力応援する 

 ≪ 色を使って魅力UP! きれいのお手伝い ≫ 川口ともよ です



今日は午後から夜まで遊びの予定あり (また?って言わないで~)

なので 朝活!朝活! 朝の時間を有効に使って思いっきり遊びに時間を使うよ~


明るさで見え方がどう変わるのか


パーソナルカラー診断に明るい・暗い=明度がどのようにかかわってくるのかを書いていきたいと思います


明るさ=明度に関してお客様によく質問するのは

「白と黒 どちらがよりお顔の色を白く見せると思いますか~?」


近頃皆さんの答えは半々ぐらいになってきました

実は答えは「白」 以前は断然「黒」が多かったのですよ


これは色の「対比」か「同化」かによる見え方の違い

近くに黒を持ってきたほうが対比による効果でより白く見えるという考え

でもね 顔には対比ではなく同化の効果が表れるのですよ これは光との関係


黒は 光を吸収する色

白は 光を反射する色


ね 顔に光が当たるのは「白」なのです

光が当たるという事は影を無くしてくれるのね そうすると・・・ほらっ~ 美しい色白に見えるでしょ!

お肌もフワッと柔らかく見える でもねフェイスラインもフワッて見せるからキリッとはしないわけですよ


黒は光を反射しないからあごのラインにも影が出来てシャープに小顔に見えます

BUT! 影が出来るという事は全体の顔色も暗くなりますしなんと嫌なラインもはっきりするのです


そう私たちの嫌いなライン 「シワ」も目立ってしまったりするわけです


このような反応はどの方にも同じ様に出ます

ただ人によってOKなのかNGなのかが違ってくるのです

それを見極めることが似合う似合わないの判断基準になってくるのですよ


「シワが嫌だから明るい色にするわ!」 も良いけれど 他の要素もあるからそこだけで判断するのはちょっと待って!なのです

次のパーソナルカラー判断基準要素の事も順次書きますね



☆ワンポイントアドバイス~☆


白が光を反射するって書きました

プロが写真を撮るときに「レフ版」って使っているの見かけるでしょう

あれはより光を被写体に当てて色むらが出ない様にしているのですよ


という事は運転免許証の写真にも使えますよね

何だかドヨ~ンと病気か!って感じに映っていませんか?


人に見せてもいいくらいのにするためには 白い色のハンカチやバッグ 紙袋などを持っていき 膝に乗せると良いですよ  下から光が入って きれいに撮れます

試してみてね



最後までお読みくださりありがとうございました

素敵な一日をお過ごしください



募集中Menu

【パーソナルカラー検定】モジュール3フォロー講座

朝カフェ

パーソナルカラー診断

バスデーカラー診断  

color & image Feliz

パーソナルカラーとテイストスケール法によるファッションテイスト診断で「似合う色」「似合う服」が分かれば、ファッションの楽しみ方も広がります。 お洒落でいたいあなたの悩みがスッキリ解決します。 第一印象も内面もピッカピカに輝かせましょう あなたの「諦めたくない!」を応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000